サイパン市長室で本日FEMA登録

昨日と今日の2日間だけ、サイパン市長室は連邦緊急事態管理局の災害援助登録を受け入れます。

サイパン市長室のフィールド業務担当ディレクター、ジョアン・アキノ氏は、本日11月6日までに限りFEMA登録サイトに行くことができない人たちのために、市長のオフィスがFEMAの登録を受け付けるとサイパン・トリビューン紙に伝えました。

一般市民が、指定されたFEMA登録サイトにアクセスするためのインターネット、電話、または交通機関にアクセスできない可能性がるので、我々は一般市民のFEMA登録を支援するため、個人的な援助を行います」とアキノ氏は言っています。

サイパン市長室の登録期間は、昨日月曜日と今日火曜日にのみ利用可能です。

サイパン市長室によると、FEMAの救援登録は午前9時から午後5時30分までです。災害援助のための定期的な要件には、1世帯当たり1つの社会保障番号、土地区画番号、通り名、村、家の説明。損害の説明。保険の範囲に関する情報。電話番号。送り先;適格者のための資金の直接預金のための銀行口座とルーティング番号を用意する必要があります。

関連ニュースでは、連邦政府と地方自治体の複数のメンバーが台風の瓦礫を掃除するために協力し続けています。

アキノは、サイパン市長職員68名全員が、重機取扱者27名とともに、グアムの国家警備員約122名、米軍予備軍約50名、土地・天然資源省その他傘下機関の約60名、環境および沿岸品質局の8名、NMI博物館の4名のスタッフが瓦礫を取り除いています。

サイパン市長室で本日FEMA登録” に対して1件のコメントがあります。

  1. 橘 秀茂 より:

    大変ですね!本当にお疲れ様です m( _ _ )m

    水の補給も困難な中、復旧活動は困難を極めるでしょうが、皆さん、お体に気を付けて頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です