PSSが退学手続きを開始

PSSはいくつかの学校移転の可能性を指摘。

CNMI公立学校システム(CNMI Public School System)PSSは、一部の学校が移転の必要があるかもしれないと指摘しているのと同時に、両親が学校からの退出を望む学生の手続きを今日から始めると昨日発表しました。

昨日声明を発表したCNMIの州教育機関は、本日から始まるPSSの学校からの退出手続きを、午前9時から午後3時まで、建物番号1211のキャピタルヒルのオフィスで処理すると伝えました。

PSSは、地区内のすべての学校が授業を再開するまで、転校要請の受け入れ、あるいは新たな入学登録の許可を行うことはないと述べました。

先週の別の声明では、PSSは、スーパー台風Yutuからの学校の被害に応じて、約2〜8週間後にクラスを再開すると見込んでいます。

米陸軍工兵隊、知事事務所、連邦緊急事態管理局、アメリカ赤十字社と協力してPSSは、損害査定が完了した状態で、すべての学校ができるだけ早く運営されることを確実にするために一時的施設の特定、学校への電力と水の復旧、キャンパスの清掃、修理可能な教室の修復に向けたその取り組みに移っています。

「PSSは、7週間以内にサイパンとティニアンのすべての学校の条件付き開設目標を維持しています」

PSSは、「学校が安全で運営可能になり次第、授業を再開する」と述べ、学校の再開日に基づいて2019-2019年の学期は各学校に応じて調整されると付け加えました。

一部の学校では、午前と午後の授業ごとに4時間の授業時間を割り当てて、2回の授業スケジュールを実施する予定です。

復興の努力が続く中、一部の学校が移転されるか、少なくとも他の学校と一部のキャンパスを共有する必要があるかもしれないとPSSは声明を出しました。

「臨時の建物が、学生の人口を収容するためにいくつかの学校のサイトに追加されます」

「これらの条件をサポートするのに十分な輸送資源がすぐに利用できる」と声明で述べています。

その間、教育期間のすべての遠隔支部は一時的に停止されるとPSSは言っています。

当局は、計画が確定されると、学生や職員のオンライン教育用プログラムの再開に関する情報が発表されると述べました。

 

PSS避難所は継続

いくつかのPSSキャンパスのカフェテリアは、台風の1週間後でも、困っている人々に避難所を提供し続けています。

これらの避難者は、PSSによれば、消防救急部を通じ定期的に提供される飲食水を引き続き受け取っています。

PSSは、「シェルター住民には毎日3回、アメリカ赤十字社による食事が提供されている」と声明で述べ、飲料水も毎日提供されていると付け加えました。

稼働中のPSSシェルターのうち、3つは長期シェルターとして識別されています:Kagman小学校、Tanapag中学校、およびGregorio T. Camacho小学校。

追加情報が必要な方は、キャピタルヒルの1211ビルPSSコミッショナーのオフィスを訪ねるか、電話で664-3845に連絡するか、info@cnmipss.orgまでEメールでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です