ゲストワーカー・プログラム

○ 立法議員、長期ゲスト・ワーカーの新プログラム提案


立法議員はCNMIの長期ゲストワーカーのステイタスを是正する新たな政策を提出する可能性を模索しています。


ティナ・サブラン下院議員によると、彼女と数人の立法議員は「外国籍居住者」として知られる外国人労働者の新たなカテゴリーを創出する、CNMIイミグレーション法の修正法案を創案するかもしれないとしています。


彼女によると、外国籍居住者は立法議会に提出中の法制定に先駆けて、CNMIで最低7年間を就業している労働者を合法外国人として定義されるとしています。


彼女によると、この法案はゲスト・ワーカーに永住資格を与えるものではないが、雇用優先権であるとのことです。


この提案の下、ゲストワーカーはコモンウェルスの規則に違反した場合は、送還させられるというものです。


サブラン議員によれば、この新カテゴリーは$1,375の費用で、島での5年間の雇用許可の受託が単に認められるだけとのことです。


彼女は、この立法案は未だ進行中で、議会提出前に一般からのコメントを受け付けるとしています。


コメントは tinasablan @gmail.com. まで。


 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です