パワープラント1の発電、エネルギー需要の50%以下

CUCから下院PUTCに提出された報告書によると、サイパンのメイン発電施設は、その8基のエンジン全てが許容量を越えて使い果たされ、島のエネルギー需要の半分さえも発電する能力がありません。

「現在、パワープラント1の発電容量は冷却による問題とプラント維持の問題を示唆している。現状では、島の要求する負荷の50%以下も発電できない」と報告されています。

パワープラント1は、8基のエンジンを合わせた発電容量は81メガワットです。
6万人以下の現在の人口で、サイパンはピーク時でおよそ70メガワット近くが必要とされます。
報告書では、しかしながら、パワープラント1の全てのエンジンがオリジナル容量から減量されています。
この問題は4,5,6号機で顕著に現れています。

「5、6号機ユニットのラジエターの状態は非常に貧弱で、これらエンジンの十分な発電容量に影響を与えている」と報告書に述べられています。
同プラントの他のエンジンも、不完全な浄水システムと他の機械的問題が同様に生じています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です