知事「ハリウッド・シアターはチケット代を値上げすべき」

フィッテイェル知事は昨日、島で唯一の映画館は閉鎖する代わりにチケットの値段を上げることを検討すべきと述べました。
運営経費の上昇、特に電気料金、島の経済悪化を受けて、ハリウッド・シアターは本日から「一時休館」となります。
ハリウッド・シアターの従業員は13名で、女性パートタイムが12名です。
彼らは昨日、「一時中止」について知らされました。
オレゴンに本拠地を持つマネージメントは、長期決定を下す前に、サイパン・ムービーハウスのオーバーホールを査定するとのことです。
同館は観客が少数でもエアコンディショナーはフル回転しており、特にCUCの料金が倍額になったことで、その毎月の電気料金が一番の問題です。
劇場の総支配人ウィリアム・サントス氏は、この月額の平均電気料金の公表を避けました。
フィッテイェル知事は、もし劇場の主要問題が電気料金ならば、会社はチケットにこれを含めることができると述べ、更に、しかしながら、ハリウッド・シアターの決定の裏にはいくつかの「内部の事情」もあるとしています。
政府同様、民間企業もまた損失を被っているとフィッテイェル知事。ハリウッド・シアターは199998日に開業しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です