ロタ市諮問委員会、カジノ収入問題を法廷に持ち込む

ロタ市諮問委員会は、未だ設立されていないカジノ産業から創出される資金の適用における、立法議会代表団のポジションを裁判所法廷の判断委ねます。
諮問委員会のAlfred M.
Apatang Jr.
会長は、ロタ住民の心情から、この問題を裁判所に持ち込むかもしれないとしています。
「人々は十分に苦しめられており、まだカジノ産業を待っている」アパタン氏は述べ、この収入がロタの正確条件を引き上げる助けになると付け加えました。
ロタ・カジノ法令に従い、諮問委員だけがカジノから集金された収入を割り当てられる立場は、島の議会代表団の会長ビクター・ホッコッグ下院議員によって異議が唱えられました。
しかし、諮問委員会のロイ・ジェームスA.マスガ会長は、「それは同一権限を持つものでなければ、一方的にロタ・カジノ法令の下、ロタ議会代表団に与えられた充当金権限でもない」としています。
諮問委員会は、カジノ・ゲーム収入を充当する権限をロタ議会代表団に与える下院法案16-1の拒否をフィッテイェル知事に求めています。ポール・マングローニャ上院議員によると、CNMI憲法は立法議会代表だけに充当金を行うことを認めているとのことです。
「我々はロタ・カジノ法令に技術的修正を施すことはない。我々はコモンウェルス法を作る」と彼は述べ、「彼らはこれを法廷に持ち込むことは出来ない。もしそうすれば、この代表団はロタのカジノを潰す法を通すことができるからである」としています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です