パブリック・ヘルス「中国からの乳製品は買ってはならない」

パブリック・ヘルス(保健所)は、CNMIパブリックに、中国原産の牛乳が含まれたすべての製品を購入しないよう促しています。

この通知は、中国製の牛乳を含む、乳製品に化学薬品「メラミン」が含有されている怖れガあるとしています。

この通知に関する更なる情報、問い合わせはBEH 664-4870 まで。

フォローお願いします!

パブリック・ヘルス「中国からの乳製品は買ってはならない」” に対して2件のコメントがあります。

  1. アグッパフリーク より:

    やっとここに来てメラミン問題が出て来ましたね。
    中国製品、韓国製品が安価で手軽に買えるサイパンで何を信じて食べたらいいのでしょうかんね?
    せっかく最近になって何とかおいしく安く食べれる物が出てきたと思っていたのにまた買えなくなってしまいました。もち米なんかも危ないのかな?

  2. マヒマヒ・ライダー より:

    サイパンで中国産の食材のシェアは5割を超えているんじゃないですか。昔、減肥茶が危ないっていう事件がありましたが、今回は、口にする全てに危険信号ですから、厄介ですよね。それにしても、今まで、縫製工場の女工さんとか、何事もなかったんでしょうか?そういえば、サイパンの野菜も中国人が作ってますよね。畑のドリンク剤みたいに薬品どっぷりなんですかね(笑)

アグッパフリーク へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です