DPL局長、タオタオ・タノと対決

CNMI初の連邦議会選挙への立候補者デヴィッド・チン元上院議員は、縁者びいきによる家産授与の大きな疑惑を持たれる彼の兄弟であるDPL局長の論争のため、今週の選挙運動を中止しました。

DPL局長のジョン・S.デルロザリオ氏は、「根拠のないいいがかり」として、タオタオ・タノに対峙しています。デルロザリオ氏はチン氏の義弟です。

同氏の声明の中で彼は、家産の割当はDPL局長としての役割を担う以前に、長い承認を経たものと説明しています。

同氏によると、家産課の前課長によって準備された通知には、レイ・チン氏が1976年に農業家産の申請を行ったときには、まだNMIの旧TTGTrust Territory Government)の下で扱われていたとしています。

200510月、元DPLテニアン・コミッショナー代行は、チン氏によって提出された1.5ヘクタールの不足分交換要請の承認を強く推薦しました。デルロザリオ氏は、2006818日承認記録を指摘し、撤廃前の2006221日にMPLA理事会はチン氏の不足分交換の訴えを承認したとしています。

この承認によって、「私の決定は前機関の承認に従い形式的なものであった」と同氏は述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です