調査「より多くのCNMIの十代が性的な行為に及んでいる」

最新の青少年リスク行動調査に参加した中高生のほぼ半数が、島における安全な性教育を再度呼びかけるため、彼らに性的行為を促す教師が必要であると認めました。

同調査機関YRBSによれば、CNMIの中高生人口の60%の49%が性行為の経験があるとのことです。

PSS科学健康学習コミュニティの会長でホップウッド中学の教師、シャーリーン・クリソストモ氏は、2007年で性的行為を体験している生徒の数は増加したと報告しました。

この調査で、クリソストモ氏は、高校生の性行為体験者が2005年の48.9%から49.7%に上昇したことを示しました。

また、この報告では中学生もまた、2005年の15%から18.4%に増えたことが示されました。

パブリック・ヘルスのHIV/STD治療方策マネージャーのジョン・ダックス・モレノ氏は、CNMIHIV(エイズ病)に感染した生徒は居なかったと述べました。

しかしながら、15歳から26歳の範囲の「青少年グループ」が性病感染の影響を受けています。

モレノ氏は、STDに感染した生徒は確認しませんでしたが、15歳の未成年者がクラミジアに感染したと述べました。

フォローお願いします!

調査「より多くのCNMIの十代が性的な行為に及んでいる」” に対して1件のコメントがあります。

  1. LnddMiles より:

    Great post! I???ll subscribe right now wth my feedreader software!

LnddMiles へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です