千人以上の雇用


政府は確定利益計画あるいはDBPにおける負担を減らすために作られたDCP、あるいは退職基金の確定拠出年金計画に基づいて、2007年から、1,000人以上の従業員を雇いました。

退職基金のマークAguon管理者は、DCPが現在1,700人のメンバーを持っていると述べ、そして彼らの500人以上だけがDBPからの譲受人であるとしています。

下院は政権が政府の下落している収入にもかかわらず、より多くの人々を雇っているという懸念と、従業員の労働時間を減らすという知事の提案を明示しています。

彼らの最近の審議において、若干の下院メンバーが政府の減少している人員に対する新入社員の影響を指摘しました。

彼らはまた、新雇用のための知事の多数の証明書を指摘しました。

政権は、これらは主に「不可欠な」ポジションのための「置換」であったと言っています。

2007年に効力を発した2006年の確定拠出年金計画法令の下で、すべての新入社員は自動的に古い年金制度への代わりにDCPを与えられます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です