ワシントンの公聴会に上院議員2名が出席


ポール・マングローニャ上院議長とジュダ・ホフシュナイダー上院副議長は、外国人労働者に改善(向上)されたイミグレーション・ステータスを授与する米内務省の推薦に強く反対するCNMIの説明を、議会パネルの前で説明するフィッテイェル知事に同行してワシントンに向けて土曜日に出発します。

下院少数派リーダーのディエゴ・ベナベンテ議員もまた、CNMIでの連邦化法U.S. P.L. 110-229の実施について、火曜日(サイパン時間の水曜日)午後3時の米議会の離島問題、海洋・自然小委員会の監督聴聞にグアム下院小委員会の委員長のマデレーン・ボーダロ議員と出席する予定です。

知事に導かれたCNMI当局者は、




をも









ことを内務省
に「










渡しします。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

4月の来島者数6%減