マングローニャ氏「NMIは自身の賃金を持つべき」


上院議長のポール・マングローニャ氏は、島のほとんどの雇用者が持つ余裕よりはるかに高い連邦基準に応諾する代わりの自身の賃金率をCNMIに設定することを認めるよう米議会パネルに求めました。

CNMIでの連邦化法実施に関する火曜日の監督公聴会で証言したマングローニャ氏は、米パブリック法110-229、連邦化法は一般的賃金レートについて何も言わなかったと述べ、ました。

CNMIでの最低賃金は時給$4.55です。

2007年に制定された連邦法は、現在の連邦賃金の$7.25に届く2015年までその賃金を毎年50セントずつ値上げしていくというものです。

今年のCNMIでの次の50セントの引き上げは2010930日に行われます。

一般的賃金レートは1時間の最低賃金レートと異なり、工業規格計算に基づいています。

マングローニャ氏は、議会がフィッテイェル知事に証明している賃金権限を持つことを許すべきであると言いました。

「グアム労働省はH2B労働者の賃金調査を行なうことを公認されています。そしてそれは合衆国市民権とイミグレーション・サービスによって承認されなくてはなりません。私は米国の労働省が
CNMIの知事に、同じ証明している権限を与え、いかなるビザ分類の下ででもその外国の労働者にCNMIで普及している賃金を応用することを勧めます」と同氏は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です