米議会は今年、政令は行わないであろう

CNMI代表のグレゴリオ・キリリ米下院議員は土着の血統民から話を聞くことを誓うことで、改善されたイミグレーション・ステータスを外国人労働者に交付する内務所の提言(推薦)を米議会は今年法令化するとは思えないと言っています。


同氏の憲法への公開書簡中でサブラン議員は、内務省の提言で同氏も失望させられたと述べています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です