二人が帰化申請の却下で連邦政府を告訴

 


二人の人物が昨日、彼らの帰化申請に関してNMI連邦地方裁判所で連邦職員を告訴しました。


請願者ピーター Chika Eche氏とペリー・ポー – sheung Lo氏は、彼らの訴えでエリック Holder合衆国検事総長、米国土安全保障長官ジャネット・ナポリターノ氏、米税関・イミグレーション局長のデヴィッド・グリック氏、グアム・CNMIのUSCIS地方事務局長を名指ししました。


Eche氏とLo氏は弁護士の援助なしで、共同で17の苦情を提出しました


Eche氏とLo氏は彼らが、州に住み、両方ともに「合衆国の法律上の永住の住民」であると主張しました


Eche氏とLo氏の二人は彼らが共に「米国の合法的な永住者」であることを訴えています。


Eche氏はナイジェリア国籍で、20049月から合法的な米市民です。


Eche氏はマリアナ高校で教師になり、後に「知事室」のためのトレーニング特別アドバイサー」として後に雇用されました。


年は2009728日に連邦化への申請を提出しました。


Lo氏は中国で生まれ、19892月に米国に移住しました。同氏は20081017日に帰化申請を提出しました。


Eche氏とLo氏は、彼らが「タイムリーな帰化を非合法に権利を奪いました」と主張しました。


結果として両氏は、彼らが「非合法にタイムリーな帰化の相当な、そしてユニークな利益を得る機会を奪われた」と述べました。

Eche氏とLo氏は法廷に移住と帰化法令に従って、[彼らの]忠誠の宣誓を与えるため、法廷が[彼らの]帰化資格を有すると判断するか、彼らの帰化のための資格の審判を求めています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です