上院議員、改善されたステータスについての公聴会を求める


ポール・マングローニャ上院議長は連邦関係と独立法人に関する上院委員会に指示しています。

政府機関は外国人労働者に改善されたステータスを交付する内務省の提言に関する一般公聴会を立ち上げます。

マングローニャ氏は委員会は一般公聴会を立ち上げた90日後に上院に提言を行なわなくてはならないと述べています。

フィッテイェル政権とCNMI両議会は内務省の提言に反対しています。

連邦下院議会CNMI代表のグレゴリオ・サブラン議員は島民による支持がない限り、島に影響をもたらせるイミグレーション法のいかなる変更にも同意しないであろうと言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

殺人未遂に問われる未成年者