サントス氏「彼女は転職することを望んでいた」


元主任検事のブランコ・サントス氏は昨日、彼女が521日に辞表を出しましたが、最初は拒否されたと述べました。

水曜日、彼女はAG司法局長のエドワード・バッキンガム氏とのミーティングの後、AGO司法局長室の中の新たなポジションに付くことを受け入れたと述べています。

昨日、しかしながら、彼女はAGが彼女の辞職を受け入れていることをニュース・リポートから知ったと述べました。

「仕事場の議論、そして/あるいは、意見の相違は前代未聞ではありません。相違は常に解決されることができる」とサントス氏は電子メールでバラエティー紙に昨日言いました。

「私は金曜日に新たな主任検事と会見した後、AGO犯罪課の私の所有品を荷造りしました」とサントス女史は付け加えました。

彼女は後継者が誰であるかを公表しませんでした。

彼女は20099月にバッキンガム氏がAGに就任してから辞職した11人目の検事補です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です