公聴会が内務省の改善されたステータスの提言を討議


水曜日の夜、連邦関連と独立機関における上院委員会は、長期外国人労働者に改善されたイミグレーション・ステータスを交付する米内務省の提言に関して、連続公聴会の第一回目を立ち上げました。

上院副議長のJude U. Hofschneider氏と委員会の会長は、次の公聴会を630日の午後6時から午後9時まで、マルチ・パーパス・センターで行なうことを予定しました。

水曜日の夜、コブラ諸うっがこうで行なわれた公聴会には20人以上が出席しました。このパネリストには、ポール・マングローニャ上院議長、Felicidad T. Ogumoro下院議長代行、議会公社のスタッフと同様にその他の上下院議員が含まれていました。

公聴会に出たローカル数名は、内務省の提言の長期的な影響について重大な問題を説明しました。

彼らは、もし外国人労働者が、結局はCNMI選挙で投票することが可能となる合衆国市民になるならば、彼らが「投票権を奪われる」かもしれないことを恐れています。

地元住民は、CNMIへの外国人労働者の入国は権利ではなく特典であると言いました。

ジョセフ・M・Palacios下院議員は、原住民が彼らの信じることを守るための権利が彼らの権利であると言いました。しかしながら、












Ogumoro議員は、彼女がこの問題について人々の意見を聞くことを望むと言いました。

「私は私の信念があります」と彼女は述べ、地元民への彼女の強いアドバイスを指摘しました。

上院院内総務ピート・P・レイエス氏は、彼らがワシントンD.C.に彼らの側に立つよう説得することができるように、CNMIの人々が統一された声を持つべきであると言いました。

「私は、もし我々が統一された立場を得ないのならば、連邦政府が我々に決断を下すであろうことを恐れています」と同氏は述べ、「我々は、何が我々にとって最善かを決めるべきです。我々は大衆との一連の重大な対話を始める必要があります」としました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です