CUC、毎日7万ガロンの燃料が必要


CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は毎日7万ガロン以上の燃料をサイパン、テニアン、ロタの発電所を稼動するために必要としますが、政府の書類によれば、その収入のほとんどがオペレーションを維持するためには十分ではありません。

最近、CUCに資金を再プログラムするために再び緊急態勢を宣言する彼の憲法の権限を行使したベニグノ・R・フィッテイェル知事は、61,080ガロンの燃料がサイパン、7,500ガロンがテニアン、1,610ガロンがロタの毎日の発電所のために必要であると述べました。

同氏は、CUCが1カ月間の燃料消費に発注したものであったと言いました。これは後に、週間燃料供給に値し、そして最近の日々の燃料価値に下がりました。

「今、CUCはそれ以上のいかなる燃料の供給に対しても、モービル社に支払う現金に欠けます」と知事は、CUCを管理しているすべての法令、あるいは規制上の条項を停止し、知事に燃料購入のための資金を再プログラムすることを許す彼の緊急態勢宣言で述べました。

CUCは値する信用がないと思われており、借用するべき能力を持っていません。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です