上院、1億3,200万ドルの予算決議を採択

上院議会は水曜日、予算両院協議会が異なった政府機関とプログラムに特定の割当金をもうける準備をすることで、財政難のCNMI政府に1億3,256.5万ドルを上限とした予算を設定する同時決議17-2を採択しました。


この決議によれば、政府の識別される全体の利用可能な財源は1億4,917.1万ドルになります。


これについて、136.5万ドルがパブリック法13-38の下で、タバコ消費税タバコ制御プログラムに移されなくてはなりません。


別に、158.5万ドルがP.L. 13-42に従い固形廃棄物プログラム移されねばなりません;475,000ドルが空港のオーバータイム、同時にCIQ償還に充当されねばなりません;ホテル/収容容器税の169万ドルが法廷命令の下で退職基金に移されるべきである;そしてホテル/コンテナ税の383万5千ドルがマリアナ政府観光局に充てられます。


ボンド(補償)支払い合計765.6万ドルもまた別にされ、2010年10月1日から2011年9月30日までの次の12カ月間のために中央政府に1億3256.5万ドルが残されます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です