CUC、水道システムの複合接続を思いとどまらせる

 


CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社はCUCの水で満たす水貯蔵タンクを持っている顧客に、汚染を妨げるために安全対策に従うように要求しています。


CUC水道部門のマネージャー、マリアノIglecias氏は、サイパンの多くの給水システム顧客が雨水を蓄えるために彼ら自身のタンクを持っていると言いました。


このタンクは使用するための圧力ポンプが設置されています。


CUCはこれらのタンクに入ってくるCUC喫水線とタンクの最大の水レベルのサイズの、少なくとも2つの空気を隔てる距離を持つことを必要とします、とIglecias氏は言っています。


CUCの規則は、顧客の水貯蔵タンクが「タンクへの入口パイプとタンクの最大の水レベルの間の適切なサイズを定められた空気の隔離」で組み立てられるべきであることが義務付けらている、と同氏は付け加えました。


CUCが安全な飲料水法令に従うために、それらが他の給水とのクロス(複合)接続がないことを保証しなくてはならないとしています。


クロス接続が、顧客の家屋からCUCの水を供給するシステムまで、汚染された水、あるいは他の危険な、不衛生、あるいは飲料に適していない物質の逆流を許します、とIglecias氏は述べました。


CUCはその給水システムをクロス接続からの汚染、あるいは汚染の可能性から守るために打ち込んでいます」と同氏は付け加えました。


クロス接続は公共の給水、CUC水と汚染、あるいは汚染の源の間の実際の、あるいは潜在的な接点です。


彼は顧客に彼らの水接続が、タンクの中に CUC入口と最大水位の間の適切なサイズを定められた空気隔離を持っているかどうかを調べるよう促しました。

詳しくは235-7025 -7032まで

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

下院議会の定例記者会見