立法議員「16時間の削減は全員に行なうべきではない」


ジョセフ・M。パラシウス下院議員によれば、政府職員の労働時間を16時間削減する提案は全員に課すべきではないとしています。

同氏は、給料階層を基本に削減を提案すると述べました。

もし彼らの就業時間が時期給料毎に64時間に減らされるのであれば、毎年11千ドルから15千ドルの収入を得る人たちは最も苦しむでしょう、とPalacios議員は言っています。

15千ドル、あるいは以下の収入を得ている人たちはひどい減給から免れさせられるべきです、と彼は付け加えました。

多分1万8千ドルから16千ドルの収入を得る人たちは、少なくとも3パーセントの削減を得ることができます、と同氏。

より高い給料を得る人たちが最も大きい削減がなされ、5万ドルまでの収入を得ている人たちは20パーセントの削減が行なわれるべきです、と彼は付け加えました。

Palacios議員は、職員の多くが毎日の出費と他の金融債務を持っていることを理解していると述べました。

もし彼らの給料が16時間の労働時間縮小のために25パーセントがカットされるなら、「それは大いに彼らを傷つけるでしょう」と同氏は付け加えました。

同氏は多くの公務員が給料の階層に基づいた減給を支持していると言いました。

彼は最近の審議で、提案された緊縮処置について話すチャンスを与えられるとき、低額所得の国家公務員が泣いたことを思い出しました。

Palacios氏は就業時間の厳しい削減が貧しい人々を更に貧しくすることで、より高い犯罪率をもたらすかもしれないと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です