ポーカー費用の$8Kがロタの透析患者のために割当


イロイ・イノス知事代行は先週の金曜日、ポーカー、パチンコ、スロットマシーンの使用許可料の8千ドルをロタの透析患者のために割り当てるローカル法に署名しました。

新パブリック法17-7下院ローカル法案17-24は、17人の末期的病気の透析患者を補助するためにテレシータ・A.サントス議員によって提起されました。各患者は今月300ドルを受け取ります。

この資金付けされた当局の出費はロタ市長Melchor Mendiolaが行ないます。

このローカル法案はロタ市長の「特別なプログラムとプロジェクト」のために同じく2,900ドルを割り当てましたが、イノス氏はロタで集金されたポーカー、パチンコとスロットマシン免許料は「全額を支援しないでください」と述べ、規約拒否の個別条項以外の選択肢しかなかったとしています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

数百名が一時解雇の見込み

次の記事

NMIの7月のホテル稼働率は62%