キリリ氏、より高い最低賃金を望む


グレゴリオ・キリリ・カマチョ連邦下院議員は、CNMI 最低賃金率がその緩やかな増加を続けていくことを望んでいます。

同氏は、それが米国のレベルの時間7.25ドルに達するまで、ローカル最低賃金を次第に引き上げていく連邦法に彼が忠実であると言いました。

「昨年、私は4.05ドルから4.55ドルへの引き上げを止める試みを排除するために戦わねばなりませんでした。そして私は成功しました」と同氏は述べました。

同氏によれば、今年も9月の終わりに、5.055ドルに上がるそのレートを妨げるあらゆる試みにも同氏は反対しなければならない強固な立場をとったとのことです。

しかし2011年、コモンウェルスは更なる引き上げが事業を閉鎖して、人々を放り出すことを無理強いしないことを確認するために「1年の休息を要するかもしれない」とサブラン氏は述べました。

サブラン氏はNMTI北マリアナ職業訓練所の学生たちに、彼らが新しい技能を持って卒業するとき、適切な賃金の収入を得る必要を忘れてはいないとしています。

同氏は、米国では大工、溶接工と電気技師は良い賃金を得ています。

「けれどもここで我々のイミグレーション政策は合衆国賃金を期待しない人々でマーケットを溢れさせました。彼らはただ、彼らが来た場所よりも多少良い賃金を期待しています」と同氏は言いました。

同氏は、彼らが外に出て、それらの技能を改善する勇気を持っているとして、NMTIの学生を称賛しました。

「あなたがたのような人々が立派な賃金を得るに値します」と彼は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です