合衆国連邦労働長官は4つの会社の調査で法廷の手助けを求める


ヒルダ











つの会社













ゾーリス長官は、弁護士シェリル・L・アダムス氏を通してAPC社、CMインベストメント社、L&Rインベストメント社、Angando社に対する請願を提出しました。

ゾーリス氏はNMI連邦地方裁判所に、これらの会社に彼らがなぜLabor Wage and Hour Division労働賃金と時間部門)の前に現われて、召喚されている記録を作成できないのかを説明することを命じるように依頼しました。

アダムス氏はゾーリス氏が法廷介入に訴えないで書類を得ようと試みたとのべました。しかしこれらの会社は書類を作成せず、彼らの過ちについての信用できる説明をしませんでした。

アダムス氏は、Labor Wage and Hour労働賃金と時間部門)のNMI地区サイパン・オフィスの調査員ダン・ワング氏が、公平労働基準法令のいかなる違反をも確かめるために、これらのビジネスを調査していたと言いました。

アダムス氏によれば、2010614日にWage and Hour賃金と時間)地域管理者が、直接この応答者に201076日に記録と書類を作成してオフィスに来るよう召喚令状を発効したとのことです。

彼女は応答者がサイパンのWage and Hour賃金と時間)地域オフィスに現われず、書類作成もし損ねたと述べました。

締め切り期限は2010721日に延長されましたが応答はありませんでした。

その代わりに、応答者の弁護士ラモン・K・Quichocho氏が、サイパンのWage and Hour賃金と時間)地域オフィスに召喚令状を無効にするか、あるいは制限する請求を提出した、とアダムス氏は言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です