クラブ・ジャマ、元従業員の訴訟で和解


NMI連邦地方裁判所は、その元従業員によって提出された訴訟が和解した今、クラブ・ジャマのために予定された陪審員裁判を取り消しました。

ネバダ地区の裁判官フィリップ・M.プロ氏はすべての関係者に、111日棄却の条件を提出するように指示しました。

去年、今現存しないナイトクラブの前のダンサーである原告は、クラブ・ジャマを経営していたChanpac社、アーネスト・J・Strange氏、テルマStrange氏とその他10名を、契約違反、そしてと時間外の補償未払いによって均等労働基準法違で告訴しました。

原告は弁護士コリン・トンプソン氏とロバート・トレス氏が代理を務め、他方アントニー・ロング氏が被告人の弁護士でした。

裁判所法廷は和解会議の後に、本訴訟の解決を通知されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です