政府閉鎖後、主要外従業員への補償はなし

政府閉鎖中の働いていない職員は、その予算案が最終的に法制定されたとき、いかなる賃金の補償もありません。


これは、懸念された「主要外」政府職員に関する政権と立法議会の意見です。


「仕事をしていなければ支払いは得られません」と副知事の法律顧問テレサ・キム・テノリオ氏は述べました。


別のインタビューで下院少数派リーダーのディエゴ・ベナベンテ氏は、これが101日までに予算案を通さねばならない理由ですと述べました。


さもなくば、と同氏は付け加え、主要機関以外に就業している政府職員は政府閉鎖の影響を吸収するであろうと述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です