イノス氏「増税は必ずしも収入を引き上げない」


イロイ・S・イノス副知事によれば、税率を引き上げることが必ずしも政府収入を増やすとは思われない。

前財務局長は、上院によって申し出られた収入生成政策の中の引用された数字は「完全なる憶測」であると述べました。

昨日のインタビューでイノス氏は、立法議会は収入法案がどのように予算を均衡させることができるかについて、「根拠のある推測」をもたらさなければならないと述べました。

政権は収入生成政策を上げるために立法議員との席に付くことができると思うが、増税は事業活動に反対の影響を及ぼし収入を下げるであろうとイノス氏は述べました。

タバコ税を上げれば、たとえば、マーケットで売られる製品の量を変えるであろう行動の変化が起こるであろう、と彼は言いました。

だから集金される税収は同じことにはならないであろうと同氏は付け加えました。

これらのことは考慮に入れられるべきです、と副知事は述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です