未だ予算決まらず、閉鎖続く


上下院メンバーは昨夜、予算通過と政府業務停止(シャットダウン)終結の取り組むことで午後7時から午前130分まで下院議会で、イノス副知事と予算管理オフィスのヴィッキー・ビラゴメズ部長と会見しました。

イノス副知事が政府財政の危険な状態を示している数字を明らかにした後、8時間の削減を以前強く要求した上院と下院少数派ブロックは、12時間削減と10日間の無償休暇で同意しました。

政権が収入を生成する法案、下院法案17-53を支持することに同意したとき、ギャラリーの皆が声援しました。

しかしながら閉会後、イノス副知事と下院の指導体制は、上院と下院少数派ブロックが勧めた還付金のレート縮小ではなく、消費税の引き上げとビジネス免許料引き上げを支持しただけであったと述べました。

まだ新しい予算が実施されていない状態で、金曜日に始まった政府のシャットダウンは今日も継続するでしょう。

立法議員は知事がそれを法律にするべく署名することができるように、すぐにH.B. 17-53をフィッテイェル知事にそれを送ることを望みました。

立法議員はそこで行動を起します。

しかしながら、物品税の増税と、院少数派ブロックと上院によって押された払戻し率削減で意見の相違が起こりました。

政権と下院の指導体制は、税金を増やすことによって、それらがさらにビジネスを傷つけることを望まなかったと言いました。

誠意を持って始めたこの会議は、激しい議論と感情的スピーチの後に終わりました。

イノス副知事は政府の不足額が現在1,150万ドルを超えたと述べました。

イノス副知事はその新しい義務に触れて、政府は、たとえ就業時間が16時間に削減され、休日補償が支払われないとしても、1,150万ドルの上に、別の1,250万ドルの不足に直面しています。

この新しい義務は、経費が460万ドルになるであろう退職基金の明確にされた利益計画を支払うための追加の10パーセント;政府の健康保険のための更新レート410万ドル;そして追加のメディケイド株380万ドルの費用が含まれます。

イノス氏はこれらの義務は実際に24時間削減を要求していると述べました。

8時間削減は、以前に見積もられた383人に代わり、現在は696人の失職をもたらすであろうと同氏は付け加えました。

上院と下院少数派は下院の指導体制とイノス氏に最初の1,150万ドルの不足を是正するように彼らが依頼したように、新たな推定の不足分は一時「取っておく」べきであると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です