ゾーニング(地区割)管理官、プランナー、無料出勤


フィッテイェル知事が「不可欠な」業務のリストに含めなかったことで、ゾーニング(地区割)オフィスの2人の鍵となる当局者は無料で仕事に出勤しています。

月曜日の午後、ゾーニング管理官ダグラス・T・ワイアット局長とゾーニング・プランナーのテレーズ
オグモロ氏は、このリポーターが彼らにインタビューに訪問したとき彼らはそれぞれのオフィスにいました。

ワイアット氏によれば、立法議員が会計年度2011年予算を通過させ損ねた後、憲法上政府の閉鎖(シャットダウン)が命じられた最初の日の101日前に、.提出したゾーニング計画は承認されていたとのことです。

同氏は彼らのオフィスはゾーニング計画を提出することを望んだクライアントを回避しなければならなかったと述べました。

同氏によれば、彼のオフィスの承認を受けずにビジネス事業の開業、あるいは構築する人は、いかなる者もゾーニング法(土地利用制限法)で「非適合」と指摘されるでしょう。

「我々は共同体にサービスを提供しようとするでしょう。我々はできるかぎりの働きをしています」とワイアット氏はバラエティー紙に語りました。

ゾーニング(地区割)オフィスは同じく立法議員に提出されるであろう修正案に取り組んでいます、とワイアット氏は付け加えました。









起きる
ことを




氏は、











ジョーテン・Dandanにあるゾーニング(地区割)オフィスでの一般公聴会で論じられるのは:

- 「観光道路」として現在区域に分けられているガラパンのTSLビルのブーゲンビリヤ通りの東と西側の駐車場の追加。

- 現在「田園」と区域指定されているマッピに新たに建設された仏教寺院のすぐ南にあるレストランのオペレーション。

- 新しいサーシャビルとTertleダイブ・ショップ店が建てられた区画上で、ビーチ通り交差点とクォーターマスター・ロードでのスタッフ寮の建設。

このエリアは「ビーチ通り」として現在区域に分けられています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です