下院議長「退く」


フロイラン・テノリオ下院議長は、1・2カ月で彼の指導者のポストから退くと述べました。

昨日のインタビューでテノリオ氏は、3日前に下院指導者のメンバー数名と同氏の決定について話したと述べました。

同氏によれば、彼はまた下院委員会のいかなる座長にも興味がないと伝えました。

下院指導者の数名は、しかしながら、テノリオ氏の通知を深刻に受け止めませんでした。

彼らの1人は、下院議長は感情的になっただけだと述べました。

元上院でワシントン代表と知事を務めたテノリオ氏71歳は、後に彼らに考え直させるために大きな決定を通知することで知られています。

職業エンジニアのテノリオ氏は、この問題を家族に持ち込んでいると述べました。

「1・2カ月で、私はもう指導力の一部ではないでしょう。






政府の財政状態悪化のために、もう1つの仕事を必要とすると同氏は言っています。

テノリオ氏は引退する前に予算法案における「進行中の問題」を処理するであろうと言いました。

同氏は重要法案に焦点を合わせることができるように、単純な議員になることを望むと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です