切迫感なし


下院の指導力が切迫感に欠けるから、CNMI政府依然として閉鎖している、とポール・A・ マングローニャ上院会長は昨日述べましした。

彼が「生産的な」ミーティングだと描写した下院メンバーとイロア・S・イノス副知事との会見後の月曜日夜、マングローニャ氏は論議を再開するために昨日午後2時にもう1つのミーティングを召集しました。

このミーティングは、しかしながら、レイモンド


・パラシウス下院議員







つの








テノリオ下院議長は午後5時に予定された下院審議を本日午前10時に移しました。

月曜日夜にイノス氏とのミーティングで同意したように、下院は、払戻しレートを減らすと同時に、ビジネス免許料と消費税を増やす下院法案17-53に対して決定を下すでしょう。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です