NMIに対するGAOの賃金調査結果

SHRM —人事管理協会CNMI支部は、上級エコノミストのペドロ Almoguera氏、シニア・アナリストのマリッサ・ジョーンズ氏、アナリストのNalylee パディリャ氏を含む、訪問中の合衆国会計検査院当局者によって提出される「CNMIに対する会計検査院賃金調査の結果」を話し合います。


このランチ・ミーティングは1020日水曜日の午前1130分から午後130分まで、PICのチャーリーズ・キャバレーにて開催されます。


プレゼンテーションは昼食込みで、SHRM メンバーは20ドル、非会員は30ドルです。


席数に限りがありますので、予約が必要です。予約は237-5122ポリー・Deleon ゲレロまで。


このプレゼンテーションは一般大衆に公開され、法制定された過去3回の最低賃金引き上げがCNMI従業員の年間平均収入とCNMI経済に与えている影響について、雇用者と従業員がさらに学ぶ非常に貴重な機会となるでしょう。


CNMI最低賃金は2015年に時給7.25ドルの連邦最低賃金に達するまで、この法律は20077月に最初の50セントの時給引き上げを実施し、毎年50セントずつの引き上げが義務付けられています。


アメリカの回復と再投資法令は、GAOが毎年CNMIの最低賃金引き上げの影響について報告することを義務付けています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です