Buniag氏「雇用者が外国人労働者の遺体の本国送還をするべき」

知事のプロジェクト特別補佐のダニー Buniag氏によれば、カミーロ・D・Laoeng氏の遺体の本国送還費用は外国人労働者の最後の雇用者によって支払われるべきとしています。


Laoeng氏のガールフレンド、Melycia Marquezさんによって集められたお金は、フィリピンにいる Laoeng氏の家族のためにあるべきです、とBuniag氏は付け加えました。


CNMI労働局と彼の最初の協議を引用して、Buniag氏は、Laoeng氏の最後の雇用者、マトソンConsultingが本国送還コストに関して責任があると言いました。


しかしながら、マトソンコンサルティングの所有者ウィリアム・マトソン氏は、Laoeng氏の契約が2010327日に期限が切れているとしています。


契約期限完了後にマトソン氏はLaoeng氏を本国へ送還しようとしたと言いましたが、この外国人労働者は拒否しました。


同氏は、CNMI政府が201111月まで期限が切れないアンブレラ・パーミットを外国人労働者に提供したため、Laoeng氏に本国への帰還を強制することができなかったと言いました。


マトソン氏はLeong氏の死亡前、彼がサイパンの地元住民のパートタイム従業員として契約を持たず不法に働いていたことを知りました。


チャランカノア墓地で墓石マーカーを設置中の109日にLaoeng60歳は、心拍停止で死亡しました。


本国送還のためだけに


フレンド・オブ・マリアナ・アイランドのMarites アキノ・カスティリョ会長は、共同体メンバーが募金運動を強く支持していたと言いました。


彼女はフィリピンへの彼の遺体送還のために寄付を受け入れる権限をLaoeng氏の家族によって与えられました。


彼女は十分な金額が集まるまで募金運動を継続するであろうと言いました。


昨日、彼女はナショナル・オフィス・サプライが先週200ドルを募金し、234ドルが集まったと述べました。


カスティリョ氏は、合衆国のLaoengの義理の息子、マイケルStroh氏が1,000ドルを送ったと言いました。


他の寄贈者は、Violyカスティリョ氏、ジュン・フロレス氏と他の共同体メンバーです。


彼女はLaoeng氏のガールフレンド、Melycia Marquezさんがすでに現金寄付で1,800ドルを集めたと言いました。


遺体送還には3,600ドルの費用が必要です。


Stroh氏の手紙に基づいて、すべての寄付は家族のためにではなく、本国送還出費のために使われるでしょう。


「彼らは家族のために寄付を求めていません」とカスティリョ氏は言っています。


彼女は、それらが本国送還出費のために使われることができるように、彼らはまたフィリピンの海外労働者生活保護当局にLaoeng氏の死亡給付金を公布するように依頼していると言いました。


Bunag氏は、Laoeng氏が連邦政府から彼の刺激策交付金小切手を受けなかったことを知ったと言いました。


カスティリョ氏はそれらが300ドル以上の小切手を受けたと言いましたが、Marquez氏が協力することを拒否したため、それらは収入・課税部門にそれを返さなければならなかったと述べました。


マリーナ島とマトソンコンサルティングの友人たちは同じく Laoeng の本国送還に援助を提供するでしょう、と彼女が言いました。


フレンド・オブ・マリアナ・アイランドとマトソン・コンサルティングは同じくLaoeng氏の送還のために支援を提供するでしょう。


詳しくはMarites Aquino Castillo 285-8980 まで。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です