CUC、再製可能エネルギー目標達成を満たせず

CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は、CNMIの再生可能エネルギー・ポートフォリオ水準、あるいはRPSを満たすことにおいて「評価しうる進歩」を成し遂げていません。


CUCが確立されたRPSのいずれも満たすことはありえそうもありません」とジョージタウン・コンサルティング・グループ社がCPUCコモンウェルス公共事業委員会への報告で述べました。


パブリック法15-87に従い、CUC20081231日までに10パーセント、20101231日までに20パーセント、20121231日まで40パーセント、20141231日までに80パーセントのRPSを確立するように要求されています。


CPUCのコンサルタントであるジョージタウン社は、これらの必要条件が「もし、電気事業にとって、世界中の、最も積極的な必要条件でなくとも、最も積極的なものに含まれている」と言いました。


ジョージタウン社は、CNMIにおける更新可能なエネルギー資源開発の費用効果の可能性が未知のままであることを指摘しました。


調査


Studies


米国の内務省あるいはDOIは、その領域で再生可能エネルギー実施の原動力の鍵となっている、とジョージタウン社は言いました。


2007年、ジョージタウン社は、米内務省が領域で行なわれたその1983年のエネルギー研究に、2005年のエネルギー政策法令に従ってドラフトの更新を準備しました。


この研究は非常に高いレベルにおいて行なわれ、CNMIの実装について入手可能な再生可能エネルギー選択肢の可能性に関する非常に基本的なインフォメーションだけを提供しました、と述べられています。


「これはCNMIの良い査定を得ておらず、また、実際、ベースライン評価が風、太陽、地熱、海力、あるいは再生可能エネルギーの他の形式の可能性に関連していないという状態であり、もしくは、これは他の研究に含まれています」とジョージタウン社は述べています。


内務省は、領域に需要と供給サイド・マネージメント・コンポーネントの開発を含む戦略上のエネルギー経営計画に資金を供給するというその自発的意志を示した、とジョージタウン社は述べました。


この計画は再生可能エネルギーオプション、それらの可能性と費用効果の識別確認を含むでしょう。


今年初め、ジョージタウン社によれば、米内務省は国立再生可能エネルギー研究所NRELミーティングにおいて領域の種々の知事から約束を受けました。


これらの活動ができるだけ早く動くはずであったと同時に、領域にこの技術援助の供給と結び付けられる進歩に若干の遅れがありました」とジョージタウン社は言っています。


それは、ある特定の作業が保留中の軍事施設建設に直接の焦点が与えられたグアムで進行中であると付け加えました。


「太陽、風、バイオマスと可能な海と地熱エネルギーのエネルギー効率の開発の可能性において、DOI/NRELによってベースライン査定が今年遅くに行なわれる約束がCNMIにされたというのが我々の了解です」とジョージタウン社は言いました。


報告書によれば、12月までにDOIは再生可能エネルギー領域のそれぞれで必要な分析を調査を行なうためにエネルギー専門家のチームを送るであろうとしています。


ジョージタウン社は類似の研究が、費用効果が高い有意義なRPSの目的確立にとって重要であると言いました。


CUCCPUCのいずれも特定の再生可能エネルギー・プログラムの費用効果に関して現在、必要なインフォメーションを彼らにとって入手可能にしていません、とジョージタウン社は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です