旅行代理店が医療照会患者のチケットを中止


旅行代理店は、現在18万ドルになっている支払い・返済義務がある滞納金の政府の不払いのために、それらに航空券を支給するのをやめたことで、コモンウェルス外で治療を必要とする医療照会患者はしばらくはその選択肢を持つことが出来ません。

DPH公衆衛生局のジョセフ・ケビン Villagomez局長は昨日、旅行代理店が水曜日から島外の医学照会のために文書化する旅行手続きを一時停止したことをサイパン・トリビューン紙で確認しました。

これまでのところ、5から10の医学照会のケースが影響を受け、それらすべては追跡調査中です、と彼は言いました。

CNMI政府はウイング・とラベル、パシフィック・スカイ、ワールド・ツアー・アンド・トラベルに、合計でおよそ18万ドルを借りています、とVillagomez氏は述べ、そしてそれぞれのベンダーに対する支払いが1カ月以上遅れています。

DPHはコモンウェルスの患者を種々の医療の治療のために島外の施設に行かせるため、会計年度2009年の終わり、過去4回の会計年度で1,630万ドルを使いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です