NMI政府、MPLTに多大な債務

Froilan C.Tenorio下院議長によれば、連邦政府は何十年間も今まで、MPLTマリアナス・パブリック・ランド・トラストから何百万ドルも不法に使用しているとしています。


元知事であるは彼は、CNMI政府がどれほど長い間公共の土地収益からの利益を使っているかを見出すためにMPLTの記録を調べていると言いました。


MPLTの主要所得は北マリアナ諸島家系、あるいは NMDsの人々のためにだけ使用することができます。


他の目的のために使用することができるMPLTによって収得された唯一の利益はタナパグ港からのものである、とテノリオ氏は述べました。


CNMI憲法第9条セクション6(d)は、タナパグ港の不動産リースで受け取った額の利息を公地受託者がメモリアル・パーク(記念公園)の開発と維持管理のために使うことを許可しています。


同じく、受託者は「受託者が行政の妥当な出費を満たすために必要な額を維持すること以外、信託収入における累積した残っている利子を一般会計(収入)に移すべきです」


タナパグ港はアメリカン・メモリアル・パークのために米自然公園サービスによってリースされています。


Tenorio氏は、一般資金への利子の転送が他の公地にではなく、 タナパグ港リースにだけ当てはまることを指摘しました。


同氏によれば、ナショナル・パーク・サービスがタナパグ港の使用に支払う200万ドルから、2万ドルだけ一般資金に転送できるとのことです。


けれども は、他の でさえも一般資金


1978年からCNMI全体の国の土地賃貸契約からの利子の年間250万ドルが、MPLT から一般資金に移されていると同氏は推定しています。


Tenorio氏は、CNMI政府が「更に深い問題に沈みこむ」前に、この「ミス」が早急に修正されるべきであると言いました。


しかしながら別のインタビューでフィッテイェル知事は、下院議長が憲法の条項の異なった解釈をしているかもしれないと述べました。


フィッテイェル氏はMPLT資金の元金所得だけが厳密にNMDsのためにあると言いました。


これらから生じた利子は、CNMI政府が必要であるとみなす目的で一般資金に移すことができます、と同氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です