インターネット・ギャンブリング

ジョセフ・M・ Palacios下院議員は金曜日、現在、島で何年もの間インターネットで賭博をしている住民がいると言いました。


同氏は彼の下院法案17-129、インターネット賭博法案が進行中の活動を規制するであろうと言いました。


Palacios議員は、CNMI政府が銀行預金口座を通して送られたすべての現金賞に税金を課すことで、収入を得ることができるようにインターネット賭博を規制し、そしてコントロールする政策を提起したと言いました


この法案の制定が期待されている下院議会で、これまで2年間インターネットで賭け、すでに何百ドルもの収入を得ている人物が明日証言するでしょう、と Palacios議員は述べました。


この人物はその賞金に税金を払っていません。


「しかし、政府が税金を課したとしても、彼はそうすることをいといません」とPalacios氏は述べ、インターネット賭博について彼に連絡を取り知らせたのがこの人物であったと付け加えて言いました。


この法案は、それが法律になったとしても、「コモンウェルスの代わりに、あるいはコモンウェルスによって運営される他のいかなるゲーム、くじにも適用されるべきではありません」。


それはまた、非ギャンブルのビジネスのプロモーションにとって主要でないゲームのオペレーションと、テニアンとロタのカジノ施設で身体的に存在するすべてのプレーヤーが居るオペレーションにも当てはまらないでしょう。


この法案は財務局長にインターネット賭博を実施するよう要求し、そして司法局長に規則開発の財務を支援することを許します


いかなる許可証も発行する前に、財務局長は「財務許容と志願者の特徴を調査するべきです。もし志願者が合衆国ですでに許可証を持っているなら、局長はその調査を許可証の正当性に制限するべきです」


許可証は「財務局長によって課される免許料の支払いで、最初の1期を1年間として、毎年更新可能とするべきです。利用可能なライセンスの数について限界を設けるべきではありません」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です