CUC、電気料金引き上げを求める

CUC、電気料金引き上げを求める


年間損失の推定560万ドルをカバーするために、CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は来年4月から3.1パーセント、その毎月の電力レートを引き上げることを望んでいます。


CPUCコモンウェルス公共事業委員会によって認可されなければならないこの料金値上げは、中小企業で1カ月28.30ドル、一般住宅の顧客で1カ月4.18ドルが追加として課されることを意味します。


CPUCに対する彼の証言で、CUC最高財務担当役員チャールズ・ウォーレン氏は、彼らの電力部門が顧客に電気サービスを提供するために年間32百万ドルを使うと言いました。


「もし我々が灯りをつけ続けるつもりであるなら、我々の新しい経費をカバーしなくてはなりません」、とCUCUtu エイブ・マラス局長がCPUCに伝えました。


「ちょうど今、我々の発電所は事実上スペア部品がなく、電力配電の多数が壊れており、我々の古いトラックは顧客の仕事現場に職員を運ぶことができません」と同氏は付け加えました。


マラス氏は提案された基本料金値上げはは、清掃とオイル汚染の防止の連邦裁判所の命令に従うものであると言いました。


去る9月、国会の代表者選挙の2カ月前に、CPUCは1キロワット時0.24446ドルから0.25338ドルまで、その電力レートを引き上げるとしたCUCの提案を拒絶しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です