アズズ氏「CUCは未だ外国人労働者が必要」

ロタで行われた金曜日の上院審議で、上院はCUCにもう1年間19名の外国人労働者を雇用することを認める法案を通過させました。


ファン・M.アズズ上院議員によって提出された上院法案17-48は、2011年まで技術的、専門的ポジションを外国人労働者で埋めることをCUCに認めるものです。


CUCは人的資源サービスを縮小するか、あるいは直接発電所機械工と実用的技術者を雇うかもしれません、とアズズ氏は述べました。


しかしながら、同氏はまた、CUCが「それらの仕事をするために合衆国市民あるいは永住者を見いだして、そして訓練することにおいて勤勉な努力を行う」ことを望んでいると述べました。


労働局は「CUCが誠意をもって、すべての合衆国市民あるいは永住者を訓練し、そして雇う努力をしたことを証明するべきです」と同氏は付け加えました。


パブリック法16-14は、CUC20109月までに限り、技術的、専門的ポジションで外国人労働者を雇うことを許可しました。


CUCは合衆国市民で主要なポジションを埋めることができないため、外国人労働者を雇うことが必要であるとアズズ氏は述べ、CUCは現地人を雇用したが、彼らはあまりに長く持たなかったとしています。


最終的にCUCはすべてのポジションで現地人と米国市民を雇用しなければならないと同氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です