労働問題は行政監察官に帰責

DOL労働局は、地元の人が民間部門で仕事を見いだすのを手伝うために全力を注いでいると言っていますが、連邦の労働行政監察官はDOLに困難な時を与えています。


昨日、下院議院で立法議員と会見した労働局のCinta M・ Kaipat局長代行は、CNMIにおける仕事のポジションの正確な数を得ることにおいて、彼女の課が直面している取り組みの1つが労働行政監察官との交渉であると述べ、外国人労働者を「間違った方向に導いて」いると付け加えました。


Kaipat氏は労働局が仕事のインベントリーを行なっていると言いました。


同課は連邦政府によって資金を供給された職業プログラムで提供されたトレーニングを、地元の人に遂行してこれらのポジションに就職する動機を与え、これらのポジションへの申請ができるようにするため、どのポジションがまもなく空職になるかを知ることを望んでいます、と彼女は付け加えました。


しかしながら、労働行政監察官が(今まで)外国人労働者にCNMI労働局と取り引きしないように助言していたため、非居住者労働者が抱える、あるいは辞めた仕事の数において正確なデータを生み出すことができないと同氏は言っています。


連邦の労働行政監察官パム・ブラウン氏は、しかしながら、アメリカ政府は非居住者あるいは外国人を雇用することを望んでいる事業者に、CNMI労働局から許可を求めることを義務付けていないと言いました。


彼女はまた、サイパン商工会議所に「連邦政府は従業員を雇うことを求める雇用者にパブリック法17-1に従うことを義務付けていません」と言った内務省のトニー Babauta次官補の書簡を引用しました。


連邦イミグレーション規則が今島に適用されます。


去る3月、フィッテイェル知事はコモンウェルスの労働状態を規制するCNMI政府の権限を「主張して」パブリック法17-1に署名しました。


しかしながらブラウン氏は、CNMIの中の外国人雇用が今連邦の問題であるとする米国市民権とイミグレーション・サービスの以前の主張を引用しました。


彼女は、CNMIの外国人雇用に関して連邦法に従うことで外国の労働者と事業者を非難するのではなく、それを求めている未来の労働力データを得ることに関して、どのような質問が編集されているかを調べるためにCNMI労働局はその調査を見るべきであると言いました。


サイパン高等教育学費援助委員会のマギーCamacho会長代理は、非居住者労働者に行政監察官の「見当違いの」アドバイスに関して同じく彼女自身の懸念を表明しました。


Camacho氏によれば、正確なデータの欠如は地元の学生たちに民間部門での彼らに向けて存在する明確な写真を提供しないであろうとしました。


労働力投資機関のエディス・ゲレロ氏は、外国人労働者と雇用者がCNMI労働者に協力するのを連邦の行政監察官が阻止していると言って、同じ懸念を共有しました。


「キャリア職業の人的資源開発」会議は昨日、民間部門での仕事を地元の人に提供する必要を論じました、とレイモンド・D・ Palacios下院議員は言いました。


パラシウス氏は同時に、フード・スタンプを継続して受け取っているために多数の現地人が民間事業での就職をしぶっていることを指摘しました。


しかしながら同氏は、


 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です