lacios「CUCに外国人労働者ではなく、退職者」

Paジョセフ・M・ Palacios下院議員は、CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は外国人労働者を保持する代わりに、その元従業員を雇うことを考えるべきであると言っています。


水曜日にインタビューで Palacios氏は、地元の人々は困難な、また、労働集約的なCUCの仕事を保持することを好んでいないとするフアン・M・ Ayuyu 上院議員の主張に同意しないと述べました。


CNMIの高い失業率を指摘して、Palacios氏は、立法議員者が地元の人々が仕事を見いだすのを手伝い、外国人労働者に優先権を与えないようにするべきであると言いました。


十分な地元の志願者がいなかったため、CUCはそれらの仕事に再び外国人労働者を雇うことになりました。


Palacios氏は、CUCが非居住者労働者を雇うことを可能にする代わりに、立法機関が退職者に再びユーティリティー機関で働くことを認めるための何かに取り組むことができると考えています。


Ayuyu議員は、CUC2011まで技術的、専門的なポジションを外国人労働者で満たすことを可能にするため、先週ロタで行われた上院審議において上院法案17-48を導入しました。


この法案によれば、CUCはまた、合衆国市民あるいは永住者を見いだすべき勤勉な努力を及ぼして、仕事をするように訓練するべきとしています。


CUCとフィッテイェル知事はこの法案を支持しています。


Palacios氏は、CUCが彼らの最終的本国送還と他の連邦イミグレーションの必要条件に対して支払わなければならないため、政府が外国人労働者を雇うことはよりコストがかかると言いました。


多分、彼らは退職したCUC従業員に2年を超えない年間契約に取り組むことを認める法案を通過させることができる、と同氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です