未成年者にクレジットカードの偽造、悪用の容疑

上級裁判所のロバート・C・ Naraja裁判長は、クレジットカードの偽造で2カウント、悪用で2カウント、窃盗、盗みの罪で告発されているカイルKauila Cabael容疑者19歳を少年問題としての刑事訴訟を認めました。


Cabael容疑者は彼の父親と出廷し、政府代理人はマイケル・アーネスト主任検事とアチベリウス Mocanu検事補佐が務めました。


Naraja判事は以前、Cabael容疑者が貧困ではなく、彼自身で弁護士を雇わなければならないと裁決しました。


ラッセル Lorfing検事総長補佐によって提出された犯罪のインフォメーションによれば、Cabael 容疑者は20098月頃から200911月までに「所有物に対する重罪あるいは犯罪を犯す」ために6件の別個の理由でウラディスラフ Melnik氏の住宅に不法侵入しました。


当時、Cabael 容疑者は17歳でした。


この情報は、Cabael容疑者がMelnik氏とAndrey Zinchenko氏の数片の所有物、ミニ・K・バーナイフ、黒いK・バー・ダイビングナイフ、ブラック・キャメル・パック、ブラック・ペイントボール・ピストル、オリーブ色のペイントボール・ヘルメット、31インチのソニーテレビ、クレジットカード、黒いプラスチックの水中銃と木製水中銃などを盗ったと付け加えました。


20099月頃から200911月まで、AGO司法局長オフィスは、Cabael容疑者が4,867.75ドルのATM取引、また、異なる店から3,758.19ドル相当の品物を購入することによって、合計8,625.91ドルをMelnik氏のデビット・カードあるいはクレジット・カードを非合法に使ったと述べました。


2009109日頃から20091017日まで、 AGO6,278.50ドルに相当する商品を購入することによって、Cabael容疑者が「非合法に」 Zinchenko氏のデビッド・カードあるいはクレジット・カードを使ったと述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です