任命されたAGと選出された主任検事

マイク・アーネスト司法局長代行は、CNMIは司法局長を任命すべきであるが、主任検事は選出すべきであると述べました。


エドワード・バッキンガム氏が201114日に個人的休暇から戻るまでAG代行を務めるアーネスト氏は、選出された主任検事は知事の政策実行を手伝うことができるAGを任命すると同時に、一般大衆に恩義を受けることになるであろうと述べました。


アーネスト氏はほとんどの合衆国管轄区域でAGが選出されていることを指摘しました。


「私はそれにメリットを見ることができます。我々は我々に値する政府を手に入れ、そして我々は我々が選出する人々によって値する何かを示します」、と同氏は言いました。


AGは、誰が何の犯罪に対して起訴されるかを決め、人々にうまく釈明することが良好であるための最高執行官であると彼は付け加えました。


しかしながら、彼は選出されたAGが常により高いオフィスのポジションへの手段として使用することを指摘しました。


彼らは知事に立候補する傾向がある、とアーネスト氏は述べ、これは、たとえ彼らがまだ立候補を宣言していないとしても、彼らはすでに現在の知事に対抗して立候補することができることを意味するとしています。


AGが知事への反発を強めているとき、アーネスト氏は「交叉点での交通渋滞の可能性」があると考えています。


立法議員は最近、2012年の選挙で行われる下院立法案17-2を通過させました。


昨年のインタビューで、フィッテイェル知事はAG選出(選挙)提案への反意を説明しました。


知事によれば、グアムを含め米国の多数の地域でAG選出が行われているが、ここでそのアイデアが行われるとは思わないと述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です