連邦政府がNMI限定投資家プログラム規則を発行

USCIS合衆国市民権とイミグレーション・サービスは金曜日にCNMIの非居住者(ノン・イミグラント)投資家ビザ種別を創作する「官報」の最終規則を公表しました。


E-2 CNMI投資家ビザ」は外国の長期投資家に連邦化移行段階の終わりになる201412月まで島での居住を許します。


このビザは2年間発行され、更新可能であり、CNMIに限り有効です。投資家の配偶者と子供たちもまた、投資家の被扶養者としてのステータスを申請することができます。


USCISによれば、連邦移民法の下で長期の投資家ステータスでCNMIへの入国を認められた個人が資格を取得します。特に:


 


    A long-term business investor who was issued a long-term business certificate by the CNMI based upon an investment of at least $50,000;


少なくとも5万ドルの投資に基づいてCNMIによって長期のビジネス証明書を支給された長期のビジネス投資家;


 


    A foreign investor with a foreign investment certificate issued by the CNMI based upon an investment of at least $100,000 in an aggregate approved investment in excess of $2 million or at least $250,000 in a single approved investment; and


1件の承認された投資で少なくとも250,000ドルあるいは承認された総計2百万ドル以上の投資で少なくとも100,000ドルの投資に基づいた、あるいはCNMIによって発行された外国の投資証明書を持っている外国人投資家;そして


 


    A retiree investor over the age of 55 years who was issued a foreign retiree investment certificate based upon a qualifying investment in an approved residence in the CNMI (but not including the two-year non-renewable retiree investor program limited to Japanese nationals).


CNMIで公認の居住に対する資格を与えている投資に基づいて外国の退職者投資証明書を支給された年齢が55歳以上の退職者投資家。(日本人に制限された更新可能ではない2年の退職者投資家プログラムは含まれない)


 


What you are going to show us is the investment that you’ve made to become an investor. We’re not asking you to show us what investment you’ve made right now but the documentation that enable you to get that investor status,” David Gulick, USCIS Honolulu regional director, said in a media conference on Saturday.


「我々に見せるものはあなたが投資家となるために行った投資です。我々はその投資家ステータスをあなたに取得させる証拠書類以外に、あなたに今何の投資をしているかを示すように求めてはいません」とUSCISホノルル地域のデイビッド・グーリック部長は土曜日のメディア記者会見で述べました。


 


彼は新しいE-2規則に関する質問を持つCNMI投資家がサイパンのUSCISオフィスを訪問するべきであると言いました。


彼はまた、E-2規則と他の関連した問題を説明するために、日本とフィリピンの領事と会見するように予定されていると言いました。


「パニックを起こさないで下さい」とUSCISは述べ、「我々は人々を追放する仕事をしているわけではありません」としています。


もはや正当なステータス(地位)を持っていない外国人を追放するのは合衆国イミグレーションと税関執行官です。


グーリック氏によれば、公開討論会と雇用者、地元政府、そして共同体の他のグループとの協議を持つためにイミグレーションの専門家チームが来月サイパンに来るとのことです。


コモンウェルス労働者ステータスのための最終規則は立案している段階のままです、とグーリック氏は言っています。


同氏は以前、CNMIアンブレラ・パーミットの期限が切れるとき、201111月の前にこれらの規則が発表されるべきであると述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です