投資家を追いやるイミグレーション・ビザ

フィッテイェル知事は長い間待っていた最終のE-2CNMI投資家規則の発表を歓迎しましたが、もし投資家たちがCNMIに投資を行い、最低10人の米国籍者を雇用するのであれば、「グリーン・カード」の取得を認めるよう更に絞り込むことを望むと述べました。


フィッティエル知事は連邦のEB-5ビザ・プログラムを引用しています。


このEB-5ビザ・プログラムは通常、外国人に最低10人の正社員の職を直接生み出す新事業で100万ドルの投資を行うことを要求します。


フィッテイェル知事によれば、投資家は100万ドル全額の投資を必要とせず、CNMIにおいてはわずか50万ドルだけであるとしています。


このEB-5ビザは2014年までCNMIに残留するために最低5万ドルで外国人の長期投資家に資格を与えることを認めるE-2CNMI投資家ステータスと異なっています。


知事によれば、彼はまた2011年早期にDHS米国土安全保障省のナポリターノ長官との会議も計画しており、DHS移行労働者プログラムにおける最終規則を作り上げるまで、その労働法と移民法を引き続き実施することをCNMIに認めるよう彼女に求めるとしています。


商工会議所


150人のメンバーを擁するCNMI最大の事業化組織であるサイパン商工会議所は、それはDHSが以前に提案された150,000ドルの最小投資限界に従って、E CNMI 投資家ステータスの資格を持たなかったであろう何百というCNMI外国人投資家に安全策を提供するそれらの要請に応じたことを「喜ばしい」と言っています。


しかしながら、同組織はDHSが他の要請に同意しなかったことが残念だと述べました。


最終の投資家規則は(サイパン時間の今日)1220日ワシントン D.C.の「官報」で公表されるでしょう。


フィッテイェル知事は、DHSが移行労働者規則の公開も期待していると述べました。


 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です