内務省がNMI経済フォーラムにおける報告書を公表

内務省の事務次官トニー・ババウタ氏によれば、OIA離島問題事務局は来年早期に内務省が行った先月の経済と労働局でのフォーラムにおいて、CNMIコミュニティのメンバーから集められたデータと推薦を完了させるであろうとしています。


ラルフ・DLGトレス上院議員に宛てた同氏の書簡の中でババウタ氏は、来月までにOIAはフォーラム参加者によって用意されたデータを分析するであろうと述べました。


119日にフィエスタ・リゾートで行われたこのフォーラムは、現地経済の立て直しと現地労働力をどのように補助するかについて、政府高官と民間部門の代表者コミュニティの多様なメンバーからのアイデアを討議しました。


ババウタ氏はこのフォーラムがCNMIにとって技術的な支援プログラムを生み出すために必要な情報を提供しました。


コモンウェルスへのこのような援助を発展させることについてのプロセスが「今進行中です」と彼は付け加えました。


ババウタ氏はOIAが連邦パートナー(米商務省と米国)との親密な取り組みを計画していると述べました。


労働省-CNMI政府とフォーラムの目標を達成することにおいて民間部門と同様。


保健福祉に関する上院委員会の議長を務めるトレス氏は、コモンウェルス医療センターの磁気共鳴イメージ装置の必要性とコンピュータ軸断層撮影走査に関して、先週ババウタ氏に書簡を送りました。


トレス氏はババウタ氏がサイパンの血液透析センターの完成に焦点を合わせることを望むと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です