商務局が保険適用範囲に必要な消費者情報に言及

商務局は消費者擁護事務所とCNMIの保険適用範囲についての完全な、そして適切な顧客情報を提供するレート検討事務所と消費者擁護事務所を創設するための額面100万ドルの連邦補助金を申請しています。


商務局のSixto Igisomar局長代行は火曜日、同氏の課が総合消費者情報を提供するために必要な財源が不足していると述べました。


同氏は、レート検討事務所が保険会社、それらの保険証書、プログラム、給付と他の詳細を調べるであろうと言いました。


Igisomar氏は保険会社がそれら自身の保険を持っており、それら自身の持つ時期でそれらのプログラムを実行すると言いました。


「我々は我々の消費者が必要とするすべてのインフォメーションを提供することができるように、これらの保有会社を再検討する必要があります」と彼は述べました。


この交付金はスタッフのために、1年あるいは2年の時期で2つのオフィスを運営するために必要な備品と他のすべてを支払うであろう、と彼は付け加えました。


Igisomar氏は2007年から現在までを示し、CNMI6件から11件まで健康保険適用会社を持っていると述べました。


2007年の保険料と賠償は340万ドルと120万ドルでした。2008年に保険料は530万ドルに上がり、賠償は310万ドルになりました。


保険料と賠償の数字は2009年で350万ドルと200万ドルに下がりました。


更なるインフォメーションは、 www.commerce.gov.mp を参照して下さい。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です