経済危機にも関わらずMNIの信頼度は良好

債券市場での北マリアナ諸島の信用度はその経済危機にもかかわらず良好のままですが、CDAコモンウェルス開発局のマニュエル Sablan局長によれば、もう1つの債券を発行することはデュー・ディリジェンス(信用調査)を必要とするとしています。


「これまでのところ、良好です。CNMIのための否定的な評価はありません」とSablan氏は言っています。「しかしながら、新しい債券を発行するために、彼らは多くのデュー・ディリジェンスをしなければなりません」と同氏。


異なった主要改善プロジェクトへの資金供給において、地元の株を満たすために発行された前回の14000万ドルのCNMI債券はすでに完全に支払われていました。


しかしながら6千万ドルの価値に相当する債券がまだ毎年支払われています。


DPLパブリック・ランド局は異なった公共事業に用いられた不動産の土地所有者に支払うために、現在新しい債券を発行することに関する可能性を探究しています。


DPLのオスカー・M・ Babauta局長はこれが実行可能であるか、同課が立法機関と相談していると言いました。


サブラン氏によれば、CDAはこの提案に関して相談したことはないとしています。


CDA債券を発行し、保険業と交渉する権限を与えられた行政機関です。


ババウタ政権時にCDAは四千万ドルの債権を発行しました。


この額の、28百万ドルが土地所有者のクレームを解決するために使われ、そして数百万ドルもが連邦政府によって資金を供給された刑務所プロジェクトに使われました。


サブラン氏はすでに先例があるけれども、ただ土地所有者に補償するために債券を発行することは、前回のものがCIPsのためにされたものであったために異なった問題であると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です