政府職員のための民間部門の仕事の保証はない

Fredrick P・ Deleon ゲレロ下院議員によれば、労働局は今年、仕事を失うかもしれない国家公務員に手を貸す用意を整えていないかもしれないとしています。


彼は財政難の政府が、従業員を解雇し始めるとすぐに労働局が彼らを民間部門に移すことが可能ではないかもしれないことを恐れています。


労働局と商務局当局者との最近のミーティングで、Deleonゲレロ氏は彼らが今年合衆国市民の有効求人の数を論じたと言いました。


主な問題がミーティングの間に持ち出されたとき、同氏が付け加えたのは、政府が労働力の縮小を実行すると同時に劇的に増加する現地人の失業率の可能性でした。


フード・スタンプ受取人の数に基づいて、ジョセフ・M・ Palacios下院議員は現在3千人から4千人の住民が失業していると述べました。


Deleon ゲレロ氏は、政府から休暇を与えられるであろう人たちを含め、これらの人々に手を貸すのは政府の仕事であり、民間部門での仕事の確保であると言いました。


しかしながら、それらの仕事を失うであろう国家公務員への援助を提供することは労働局の大きい挑戦であろう、と連邦政府と外国関係に関する下院委員会の議長を務めるDeleonゲレロ氏が言いました。


「全体的に、集められた仕事の情報はビジネスがこれらの仕事を募集し続けるであろうという仮定に基づいています。労働局が情報収集を完了するためにはそれ以上のデータが必要とされるように思われます。これが商務局が招かれた理由で、この状況是正を補助するためです」と Deleonゲレロ氏は言っています。


同氏によれば、現在専門的なトレーニングを必要とする非居住者によって持たれた仕事があるとしています。


立法議員によれば、現在これらの仕事を持っている外国人労働者は、このようなポジションを申し込んでいる合衆国市民を訓練するように要求されるべきであるとしています。


これが労働局が焦点を合わせることですと同氏は述べています。


しかしながら、労働局のシンタ・カイパット局長代行によれば、すべての民間部門の職業が現地求職者にすぐに有効とはならないとしています。


彼女は若干の雇用者が彼らの外国人労働者従業員のために2年の許可証を申し込んだと言っており、それでこれらの仕事は次の12カ月以内は有効とはならないであろうと述べました。


彼女は同じく、もし仕事が現地人のために利用可能であるなら、若干の雇用者は労働局に知らせないであろうと考えています。


 


「これは大きな問題です。それは現地労働局のウェブサイト・システムの中にこれらの仕事を報告しないよう雇用者に奨励している連邦の行政監察官によって非常に重大な問題に加工されました」とカイパット氏は言っています。


彼女は更に、労働局は「不正行為をする」雇用者の調査をする人的資源に欠け、調査能力には限界があります、と付け加えました。


Deleon ゲレロ氏は「情報の必要性は最高権威を有する」と言いました。


「我々は欠陥がある情報、あるいは不十分な情報に基づいて決定を下すことはできません。この問題を扱うためにさらなるミーティングが行われるでしょう」と同氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です