CUCが燃料経費のために電気代を値上げ

CNMIの人々のための発電燃料を支払うことで緊急危機に直面しているCUCコモンウェルス・ユーティリティ株式会社は、義務付けられた一般公聴会なしで電気料金値上げを要請しています。


CUCの財務部長チャック・ウォーレン氏は「オイル価格が安定維持している限り、CUCがモービル石油にしなくてはならない週に1度の大金の支払いは予測可能でした」と言っています。


しかしながら、オイル価格が数カ月前に急騰しており、現在のエネルギー限度調整条項、LEACレートはもはやCUCのオイル請求額をカバーするには十分ではない、と同氏は付け加えました。


CUCの供給元、モービル石油は政府機関に価格が上昇し続けるであろうことを知らせました、とウォーレン氏は言っています。


同氏は、オイル会社がその経済予測の信頼性が高いツールを使っていると付け加えて、モービルの過去の予測が今まで正確であったことを指摘しました。


彼は CUCがモービルとのその契約以外に他のオイル資源を持っていないと述べ、これはコモンウェルスの公共事業委員会によって再検討されているとしています。


CUCは現金で毎月支払っています。


CUCの予算はLEACレートが完全にオイルのコストをカバーすると想定している、とウォーレン氏は付け加えました。


CUCのオペレーションも続ける他のいかなる資金源もありません。石油料金の請求が上がることで、CUCはその唯一の燃料源に対する支払いをやめなければならないとき、結果として停電となる」と彼は言いました。


彼はCUCが同じく連邦地方裁判所の明記されたオーダーに違反することで即刻の危険にさらされるであろうと付け加えました。


20101230日にCUCはその限度エネルギー調整を基に電気レートを調整するための要請をCPUCに提出しました。


CUCは1キロワット時2.243セントあるいは1キロワット時0.24446ドルから1キロワット時0.26688ドルまで引き上げることを要請しました。


ウォーレン氏は、一般大衆が111日火曜日にガラパンのサイパン銀行の前のファミリー・ビルディングで午前10時に始まるCPUCミーティングに参加するため招待されていると述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です